美容資格取得ガイド

美容師免許


ヘア全般の資格「美容師免許」について

ヘアサロンで働くスタッフには、見習いやインターン、技術者などが働いており、美容師免許の取得をしている人と、していない人がいます。
資格があるからといって、必ずしも優れた技術者というわけではないのも現状であり、また一人前の技術を身に付けるまでの道のりが長いため、途中で挫折する人も少なくありません。
カット、カラー、パーマなどの美容技術を施すことにより、お客様の要望に応じた髪型に仕上げられる技術を身に付ける為には、美容面以外にも公衆衛生などの様々な知識なども必要になってきます。
また、いくら技術面を磨いたとしても、資格を持っていなければ、常連のお客様だとしても不安に感じてしまいます。
長く美容師を続けていく場合には、技術者としての信用と経歴を証明する為にも、最終的には資格の取得が大切になってくるのです。
専門学校卒業後、筆記試験、インターン、実技試験と道のりは長いのですが、取得しておけば他の美容業界でも資格を生かして働く事が出来るのです。

ヘアに関する資格色々

ヘアに関する資格者というと一般的には美容師、理容師が思い浮かびますが、実はそれ以外にも民間の資格が多数あり、例えば「ヘアセット」や「アレンジ検定」などがあります。
アレンジ検定はウィッグをセットアップするためのもので基本的なウィッグの手入れ方法や付ける側の土台の作り方、そして筆記試験もあります。
この検定に合格するとブライダルやショー、テレビ、舞台などの現場で働くことも可能です。
またセット資格はスタイリングや和装、ヘアメイクなど趣味で生かせるスキルからプロとしてセットサロンやブライダル業界などの分野で生かせるスキルを学ぶことが出来ます。
スクール修了と同時に主催する法人からの認定証をもらうことが出来ます。
このように最近では一般的な美容、理容の国家資格保持者以外にも民間認定の技術者が活躍できる場も多いので、メイクやスタイリングに興味がある方も気軽に技術を学ぶことが出来ます。
ただし、カットや染毛、パーマなどの専門的な施術(美容師・理容師のみの施術)は出来ないのが特徴です。

Valuable information

Last update:2017/4/11